特別セミナー – Dr. Adeline Harant, Dr. Yohann Petit (The Sainsbury Laboratory, Norwich, UK)

特別セミナーのご案内

<演題1 / 講演者>
Investigating the role of minichromosomes in the adaptive evolution of the blast fungus Magnaporthe oryzae

Dr. Adeline Harant
(The Sainsbury Laboratory, Norwich, UK)

<演題2 / 講演者>
Identification of new Magnaporthe oryzae sHMA-interacting effectors

Dr. Yohann Petit
(The Sainsbury Laboratory, Norwich, UK)

<日 時>
2019年4月15日(月)14:00 – 16:00

<場 所>
京都大学北部キャンパス 農学部総合館 W520
>>北部構内マップ
>>Google Maps

ご興味のある方は是非ご参加ください。

特別セミナー – Prof. Sophien Kamoun (The Sainsbury Laboratory, Norwich, UK)

特別セミナーのご案内

<演 題>
Beyond single genes: receptor networks underpin plant immunity

<講演者>
Prof. Sophien Kamoun
(The Sainsbury Laboratory, Norwich, UK)

<日 時>
2019年4月12日(金)15:30 – 17:30

<場 所>
京都大学北部キャンパス 農学部総合館 W100
>>北部構内マップ
>>Google Maps

ご興味のある方は是非ご参加ください。

特別セミナー – Mari Miyamoto, PhD (K.K. Oxford Nanopore Technologies)

特別セミナー

Title

Oxford Nanopore Sequencing: from basics to the latest updates

Speaker

Mari Miyamoto, PhD /
Business and Technical Applications Manager, K.K. Oxford Nanopore Technologies

Date

2017年12月13日(火曜日)13:00 – 15:00

Access

農学部総合館 W302室
>>North Campus Map
>>Google Maps

Abstract

Oxford Nanopore Technologies has commercialized a hand-held DNA/RNA sequencer MinION since 2015. During 2016 to 2017, numerous updates were applied that increase accuracy and throughput dramatically. On top of that high throughput version of sequencer, GridION and PromethION are announced and Nanopore sequencing technologies applications cover from small size of genome to large genome. In this seminar we introduce basic chemistry of nanopore sequencing and wide range of its applications. Besides we will share the latest information from New York Community meeting which was hold in the end of last month including Hunan RNA data release (Direct RNA sequence and cDNA sequence using MinION and GridION), VolTRAX library automation system and field kit using lyophilised sequencing chemistry.

* 英語でのセミナーです

ご興味のある方は是非ご参加ください。

特別セミナー – Mr. Ben White (Earlham Institute, Norwich, UK)

特別セミナーのご案内

<演 題>
Raising the profile of yam: Whole genome sequence and sex determination of white Guinea yam revealed

<講演者>
Ben White / Earlham Institute, Norwich, UK

<日 時>
2017年11月28日(火曜日)13:00 – 14:30

<場 所>
京都大学北部キャンパス 農学部総合館 W214室
>>北部構内マップ
>>Google Maps

<関連情報>

○ ギニアヤムゲノムの解読に関する論文
Tamiru, M., Natsume, S., Takagi, H., White, B., …, Terauchi, R. (2017). Genome sequencing of the staple food crop white Guinea yam enables the development of a molecular marker for sex determination. BMC biology, 15(1), 86.
>> 論文ページ

○ ギニヤヤムに関するブログ(writen by 寺内教授)
>> Improving yams with genomics / BMC’s blog network

○ 関連ニュース
>> Press Release / JIRCAS [日本語]
>> IITAのNewsページ [英語]
>> Earlham InstituteのNewsページ [英語]
>> The Sainsbury LaboratoryのNewsページ [英語]

ご興味のある方は是非ご参加ください。

寺内教授らによりギニアヤムのゲノム配列を解読

寺内良平教授らの国際共同研究グループ*は、アフリカにおける重要作物であるギニアヤムのゲノム配列を解読しました。

 研究グループはさらに、ゲノム配列情報を利用して、性別決定遺伝子のゲノム領域を同定し、性別を容易に判定できるDNAマーカーを開発しました。ギニアヤムは、雌花と雌花が別々の個体に生じるため、通常の交配育種をおこなうには性別の確認が可能な開花時期まで植物体を育てる必要があります。性別判定DNAマーカーは、実生時期でも性別を推定できるため、より効率的な交配育種を可能にします。

 今回の成果は、ギニアヤムをはじめとするヤマノイモ属作物のゲノム育種を加速させ、世界(特に西アフリカ)の食糧生産に大きく貢献することが期待されます。

* 国際研究グループ機関:京都大学、公益財団法人 岩手生物工学研究センター(IBRC)、国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター(JIRCAS)、神戸大学、信州大学、東京農業大学、京都産業大学、The International Institute of Tropical Agriculture(IITA、ナイジェリア)、Earlham Institute(イギリス)、The Sainsbury Laboratory(イギリス)、University of Frankfurt(ドイツ)

ギニヤヤムに関するブログ(writen by 寺内教授)
>> Improving yams with genomics / BMC’s blog network

研究論文
>> Genome sequencing of the staple food crop white Guinea yam enables the development of a molecular marker for sex determination / BMC Biology

関連ニュース
>> Press Release / JIRCAS [日本語]
>> IITAのNewsページ [英語]
>> Earlham InstituteのNewsページ [英語]
>> The Sainsbury LaboratoryのNewsページ [英語]