Special seminor – Jonathan Cocker / Helen Brabham

Special Seminor

Presenter 1

Mr. Jonathan Cocker
(Earlham Institute and University of East Anglia, Norwich, UK)

Title 1

Primula genomics: new insights on the heterostyly supergene

* Language: English

Presenter 2

Ms. Helen Brabham
(The Sainsbury Laboratory, Norwich, UK)

Title 2

Dissecting Resistance Specificities at Mla

* Language: English

Date

21 June 2018 (Thr.) 9:00 – 12:00

Access

Laboratory of Crop Evolution, Kyoto University

The nearest station
– “Rakusaiguchi” (Hankyu)
– “Katsuragawa” (JR)

We welcome you to join us for the seminar!

特別セミナー「イネいもち病抵抗性の分子機構」 – Thomas Kroj 博士

Thomas Kroj 博士による特別セミナーのご案内

特別セミナー

<タイトル>
Paired NLRs and integrated decoy domains in rice blast resistance

<講演者>
Thomas Kroj 博士
(INRA, Montpellier, France)

<日 時>
2016年12月9日(金)15:00 – 16:30

<場 所>
京都大学北部キャンパス 農学部総合館 W406室
>>北部構内マップ
>>Google Maps

アブストラクトはこちら

ご興味のある方は是非ご参加ください。

特別セミナー「いもち病菌の進化」 – Elisabeth Fournier 博士

6月8日(水曜日)15:00より、いもち病研究の最前線で活躍されているElisabeth Fournier博士の特別セミナーが開かれます。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

特別セミナー「いもち病菌の進化」

<タイトル>
Genomic tools to study the history of divergence among Magnaporthe oryzae lineages adapted to different host or varieties.

<講演者>
Elisabeth Fournier 博士
(INRA, BGPI unit, Montpellier, France)

<日 時>
2016年6月8日(水曜日)15:00-

<場 所>
京都大学北部構内 農学部総合館W522室
>>北部構内マップ
>>Google Maps

アブストラクトはこちら

民族自然誌研究会のご案内

民族自然誌研究会第83回例会が6月25日(土曜日)に開催されます。
>>詳しくはこちら

阪本寧男名誉教授(当研究室元教授)が講演されます。また、当研究室の寺内良平教授も講演いたします。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

民族自然誌研究会 第83回例会

<テーマ>
栽培植物の起源を探る旅
– 「西アフリカのヤムイモに魅せられて」
– 「ムギ農耕のふるさとを訪ねて ― イラク、イラン、トルコ」

<日 時>
2016年6月25日(土)13:00-17:00

<場 所>
京都大学薬学部構内 稲盛財団記念館3階大会議室